ホルモン治療

 花を持った笑顔の外人女性

医療機関で更年期障害の治療をするにはホルモン補充療法が代表的ですが、その他にもプラセンタが治療に使われることもあります。 プラセンタには様々な効果があるとして、現在ではサプリメントや一般医薬品としても販売されていますが、更年期障害の治療を目的としている場合は健康保険が適用となります。通常は注射によって体に注入されますが、1本500円前後と安価な料金で治療を受けることができます。 プラセンタ療法による効果は個人差がありますが、2〜3回治療を続けているうちに徐々に効果が出てくる人が多くなっています。最初のうちは1週間に1〜2度くらいのペースで行い、症状の改善とともに徐々に回数を減らしていくのが一般的な治療法となっています。

更年期障害は、加齢や閉経などで女性ホルモンが低下することによって身体に様々な不調が現れてくる症状のことです。従来では更年期障害の認知度も低かったため、身体的不調や精神的不調が続いた場合でも、周囲になかなか理解してもらえず辛い思いをする人も少なくありませんでした。 現在では多くの医療機関が更年期障害の治療を行っていますし、テレビなどでも取り上げられることも多くなり認知度も上がってきています。 更年期障害の治療にも使われているプラセンタは胎盤を意味しますが、プラセンタを摂取すると新陳代謝が活発になり、健康や美容に様々な効果が期待できることがわかったため、現在ではアンチエイジング治療に使われたり化粧品などにも使用されています。