燃焼させる

 サプリメントを飲む男性

夏場に運動をすると、体重は減りやすいです。運動によって脂肪燃焼が促進されるのはもちろんですが、夏の暑さによって、発汗量が増えるからです。多く汗をかけばかくほど、体重は少なくなっていきます。 しかし当然ですが、水分補給をすれば発汗によって減った体重は、元に戻ってしまいます。喉が渇くことで水分を摂取しすぎて、むしろ体重が増えてしまうこともあります。 そのため昨今では、冬場にリバウンドしないダイエットをする人が増えてきています。汗はもともと、上がりすぎた体温を下げるために体が排出するものです。しかし冬場なら寒いので、体を動かしても汗はあまり出てきません。そのためリバウンドしないダイエットが可能なのです。 また、寒さで冷えた体を温めるために、体は脂肪を燃焼させるエネルギーで熱を得ようとします。つまり寒い中で運動をすると、脂肪燃焼率が一層高くなるわけです。

逆に、暖房器具を使用したり厚着をしたりして体を温めると、体は体温を上昇させようとしなくなります。つまり脂肪燃焼があまりおこなわれなくなるということです。もっと言えば、体を温かくして日々を過ごすことで、肥満のリスクが高くなるわけです。せっかくダイエットをしても、体を温めることで元の木阿弥となることも多いです。 そのためリバウンドしないダイエットには、運動だけでなく日々の過ごし方における工夫も必要になってくるということです。たとえば寝る時に、薄着になったり布団の枚数を減らしたりすると、体が冷えて脂肪燃焼がしっかりとおこなわれるようになります。厚着で寝ると汗をかいて、水分を多く補給するようになりますが、肌寒いくらいの状態で寝ると、それだけでダイエット効果が出てくるわけです。 体を温めすぎないことが、リバウンドしないダイエットの秘訣と言えます。